猫小屋作りました

さて、白いニャンコですが
あの人懐っこさは、ひょっとしたら飼い猫かもしれない…

そう思いましたが翌日もダンボールの中にいました。


この日は、前日の快晴と違って雪が降ったためかなり寒い。

毛布を敷いただけじゃ可哀想だったので
新しい猫小屋を作る事にしました。


大きいダンボールの中に小さいダンボールを入れて
小さい方には、ムクが子犬の時に使っていたベッドを入れ
隙間に毛布を敷き詰めました。



入り口以外はふさいで、なるべく風が入らないようにしました。


箱を取り替えに行くと、不安そうにこっちを見てます。


近づくと猫ちゃんダッシュで逃げちゃいました。

昨日の人懐っこさが全く無くなり、全然近寄って来ない。


これが本来の姿なのでしょう。

昨日は、おそらく極限までお腹が空いていて
藁をもすがる感じだったと思われます。


逃げたと言っても、離れた所で鳴きながらこっちを見てるので
急いで箱を取り替えました。



箱を風や雨雪から防ぐ為、周囲にある物で囲みました。



箱の設置が終わったら猫ちゃんが恐る恐る戻って来ました。



中に入った所で、ご飯をあげたら一生懸命に食事中。



ムクも猫ちゃんが気になる様子。

家族が、撫でようとしたら

「フーッ」

て、なるし
自分も手を出したら猫パンチされました~


で、お腹が空くと小屋の前で、うるさい位鳴きながら全力のアピール。


どんだけ、ツンデレやねん!!

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. ぴーすけ より:

    うーむ、難しい問題っすねぇ
    ちゃんと飼うならコッチも覚悟がいるだろうし、ムクちゃんいるもんねぇ

  2. コージ より:

    >ぴーすけちゃん
    そうなのよ。
    ムクはおじいちゃんだし、心臓に病気があるので余計なストレスを与えたくないし。
    かと言って、猫ちゃんも放っておけない…