バンダイ 1/100 MG ケンプファーの製作【8】脚部ももパーツの加工

前回、右肩にもスパイク付きのショルダーアーマーを付けた
画像を載せました。

ここは、昔のキットのパーツを使用しているのですが
なぜかここだけが接着してありました。

その事を知らず(正確には忘れているですが)バーニアを外そうと思い
パーツをバラそうとしたら、中々はずれず無理に力を加えたら


バキッ


嫌な音と共にパーツがあらぬ方向に割れてしまいました。

接着されていたのでパーティングライン部以外
それも、片方だけではなく左右両方のパーツが割れました。


あまりの事でパニックになり写真を撮るのを忘れてしまいましたが
何とか修正しようと思い



瞬間接着剤をまんべんなく塗りまくり



うりゃあああああ!!!!~と、削りました



塗っては削りを繰り返して



取り敢えず、何とかなりましたが



さらにサフを吹いて



再び整形しました

という訳で
修正して取り付けたのが前回の記事の画像なのでした。



ももの上部はインナーフレームが無いので
装甲を部分的にをカットしてジャンクパーツ等を詰め込もうと思います。



グルっとモールドが一周してるので、そこをカット




モールドに沿ってカットするので楽だなって思っていたら…



あれれ?何で?



しょうがないのでカットした破片を再度接着



修正完了…と言ってもこっち側ではなく裏側なのですが…



カットは、試行錯誤で行き当たりばったりな感じです









結局、前方部分をほぼカット


ジャンクパーツを適当に詰め込みました

インナーフレームの方にもビルダーズパーツを
さり気なく付けてみました。



比較画像


今回はここまで。

※この記事は旧ブログの記事です。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. かついち より:

    そろっと
    出来たかな?