バンダイ 1/300 サンバルカンロボの製作【11】可動ショベルの製作

ボディ、頭部、脚部の大まかな部分等
感覚的には全体の7~8割が出来上がってきた感じがします。

今回は、後回しにしていた脚部つま先に付いている可動ショベルの製作です。



この部分です

昔作ったサンバルカンロボの方ですが、笑っちゃう位酷い(笑



出来はさて置き、こんな感じで可動するのですが
アーム部分のど真ん中にあるパーティングラインはかなり目立ちます

後ハメ加工すれば問題無いのですが、パーツが小さくてちょっと不安。


なので、塗装済みのショベル部分のパーツをそのまま
本体に取り付けながら(組立説明書通り)組み立てて
最後にアームの中央に黄色に塗装したプラ板を貼る事にしました。



先に、この部分を塞ぎます。

まだ、プラ版を購入前なのでコンビニ弁当の蓋で代用しました。



測ったサイズにカット



貼る前



貼った後

透明なので、画像だと全然わからん。



つや消し黒で塗装


ショベルとアームの塗装が済んだので
組立に入ったのですが、どうやらこのやり方は失敗のようでした。

まあ、単純に私の技術が足りないのでしょうが
本体に取り付けながらでは、中々上手く取り付けが出来ません。

付いたと思っても各パーツが曲がってしまい、直そうとすると
また外れてしまい、これを繰り返す内に塗装がボロボロに…

泣きそうになりながらも奮闘しましたが、結局諦めました。

では、気を取り直して、後ハメ加工での取り付け方法に変更です。



塗装がボロボロになったパーツを接着

そして、後ハメ用に可動部の一部をカット。






合わせ目を完璧に消しましたが
後でプラ版を貼るので必要の無い作業でした



プラ板をアーム中央の黄色部の幅にカット



カットしたプラ版を貼りました




塗装終了



ショベル部の組立が完了

後は、本体に取り付けて脚部の完成です。





最後に、ほぼ出来上がったコスモバルカンの画像をどうぞ

※この記事は旧ブログの記事です。

コメント

  1. こんにちは
    訪問ありがとうございます。

    かなり完成に近づいていますね。
    完成度がスゴイです。
    それにしても、ウマすぎです。

    応援ポチです。