タミヤ 1/24 NISSAN フェアレディZ 300ZX TURBOの製作【3】リカバリー作業

フェアレディZ 300ZX TURBOの製作再開!!

ブログタイトルの画像がいつの間にかフェアレディZに
なっていたのでピンと来た方もいたと思います。


お気づきの通り、先月から製作を再開してました。

旧ブログの時の前回の記事から何と
4年近くも経過してしまいました。

思っていたよりも随分と長い時間が経過していたのですね~

フェアレディZ製作中に起きた失敗の数々









これは、全て4年前の時に撮影した画像です。

ここまで、製作は進んでました。


では、何をやらかしたのか。

まずは、エンジンの塗装。


画像ではわかりませんがエンジンの下半分に
黒の塗装指示がありましたので塗装したら
塗装ラインを間違えてしまいました。

若干モヤモヤしつつもボンネット内に収まると
よく見ないと気付かないレベルなのでそのままスルー。


そしてシャーシの塗装ですが、前輪部以外はボディー色なのに
何を思ったのか後輪部も黒で塗装してしまいました。



この時は、ちゃんとインストで塗装指示を読んで
理解していたにもかかわらず何で黒に塗装したのか
全く意味不明です。

当時は、塗装した翌日にアレッ?
って、思ったけど後の祭でした。


さらに、ボディをクリアーでコートしてからスミ入れを
するつもりだったのに、コート前にスミ入れをしてしまいました。

しょうがないので、ちゃんときれいに拭き取ってから
クリアーを吹く事にしたのに何故か
きれいに拭き取ってない状態でクリアーを吹いてしまいました。

その為、何箇所かは拭き取り残しを拭き取れず…


何かもう、モヤモヤを通り越して
イライラな感じに変わりました。

そんな精神状態の時に



これです

サフ吹き状態の時はきちんと合っていたのに
赤→クリアー→と吹いたらこんな感じになってしまいました。

もうねこの時は頭に血が登ってドライヤーで温めながら
ボンネットをオリャーと曲げていたら

バキッ!!


やってもた…by半分青い


完全に意気消沈で制作は完全にストップです。

製作再開、まずはリカバリー作業


まずは、インストの指示を無視したシャーシの塗装を
し直しました。

塗装後は、エナメルの黒で軽くスミ入れ。

次は、割ってしまったボンネット。



流し込み接着剤を流し込みました



紙ヤスリで整形



塗料を落とすためサンバルカンロボの時の
水抜き剤に漬けました



3時間ほどで塗料が取れました

さらに整形後サフを吹くと



割れた跡が消えました

ウォッシャー部は削り取ってピンバイスで穴を開けました。



赤を、塗装して終了です。

今回はここまで。

スポンサーリンク

フォローする