バンダイ 1/300 サンバルカンロボの製作【2】~ボディの合わせ目消し・後ハメ加工


切り離したパーツを400番の紙ヤスリで整形中

この時点で接着しても差し支えないパーツは
先に接着しておきます。

 
と、ここで一番大きいボディーパーツを合わせてみたら
かなりの段差が出来てしまい結構目立ちます。

ボディーパーツは合わせ目消しはしないつもりでしたが
予定変更です。

 
それに伴い、可動部分の頭と両腕(両肩?)の3箇所を
後ハメ加工しなくてはいけません。

頭部の後ハメ加工は問題無さそうですが
両腕の方は難しそうなので、ストッパー部を切断して
単純に抜き差しが出来るだけにします。

軸がゆるくて抜けやすいようなら、最悪接着して固定にします。

 


接着剤を塗ったら輪ゴムで固定して1日以上乾燥させます

 

しっかり乾燥させたら、金属やすりで大まかに削り

 



紙やすりで仕上げます。


サフェーサーを吹いて合わせ目を確認。

大丈夫そうです。

 

頭部は、こんな感じで後ハメ加工しました。

 


しっかりはまるし、スムーズに動きます。

思った通りに出来ると気持ちいいわ~

 


胸カバー部パーツをハメてみて、合いや可動具合を確認。

今回はここまで。

 

今日のムク


座椅子でお休み中のムク

 

※この記事は旧ブログの記事です。

スポンサーリンク

コメント

  1. ぴーすけ より:

    軸がゆるい時は薄いビニールを軸にかぶせて差し込むといいよん♪

タイトルとURLをコピーしました